尾石 貫太 - 獣医師の紹介ページ。弊院で働くことになった経緯や、将来像についてのインタビュー記事を紹介しています。

0977-25-5556 電話受付 平日/土曜/祝日

スタッフ紹介

Staff introduction

設備と医師の充実、チームワークで動物を救いたい

尾石 貫太
尾石 貫太

獣医師を志したキッカケを教えてください。

小さい頃から動物が好きで、動物と言ったら獣医だ!と思っていました。動物に携わる仕事は他にもあったかもしれませんが、特に他の仕事を考えることもなく、ずっと獣医師を目指して頑張ってきました。動物は、どんなときも寄ってきてくれるので可愛いし癒してくれるのがやっぱり好きですね。

すえつぐ動物病院で働きたいと思った理由を聞かせてください

約4年間大学病院で研修医をしました。前半2年は全科ローテーション、後半は外科を学びました。大学病院では、地域の先生との交流も多かったし一般的な獣医師よりも専門的特徴のある獣医師になりたいと思っていました。そんな時、大学病院の先生が九州に、設備が整っているいい病院があると聞きすぐに、すえつぐに見学に行きました。この病院のガラス張りで診察、治療をオープンにしている点、充実した設備などを見て、見学後すぐに「ここで働かせて下さい」と言って決めました。末次院長の「じぶんでやってもいいぞ」という、ある程度専門分野を任されてくれるスタンスにも惹かれました。

働いてみて感じた、すえつぐ動物病院のポイント・特徴は?

積極的な治療が可能なところや、獣医師が多いので、見方が偏らない。難しい症例について、「症例検討会」で意見の交換をし、いろいろな視点で診る事により、見落としが少ないと思う。大学病院の時は、一次病院である程度どんな状態なのか見当がつけられてからの診察で専門的な治療がメインでした。すえつぐ動物病院は、検査・診断・治療の全てを自分で経験ができる。猫の風邪や下痢など、一般的な病気に対する診断、処置は大学病院では逆にできなかった経験ですね。動物や飼い主さんに対する優しさがあふれていて、その意識がスタッフ全員にも浸透しているところです。

飼い主さんに言われて嬉しかったことなど教えて下さい

原因が分かってよかった、と飼い主さんから言われ、安心して下さったときは、やりがいを感じます。

今後どんな獣医師を目指しますか?

尊敬している先生は2人います。大学時代の恩師の浅野教授と末次先生です。浅野教授の動物に対する思いやりや、どんなに難しい病気でも治してしまう技術力の高さは、私の獣医師としての基礎であり、目標でもあります。
また、末次先生の「生まれてから死ぬまで診てあげられる医療」という考えにもとても感銘を受けました。ひとりの患者を最初から最後まで診る事が出来るというのは、ヒト医療では難しく獣医療だからこそ出来る事だと思っています。末次院長は獣医師としての方向性をより明確にしていただいた先生です。何気ない相談から難しい治療まで対応出来る獣医師になりたい思います。

ほかのスタッフもご覧になりませんか?

スタッフの顔写真クリックで詳しい紹介ページをご覧いただけます。