根尖膿瘍(こんせんのうよう)について。ペットの病気やケガ、治療について、対話形式(ドリルダウン)により分かりやすい解説しています。

0977-25-5556 電話受付 平日/土曜/祝日

根尖膿瘍(こんせんのうよう)について

icon-Q

2、3日前から、急に右眼の下が腫れてきたんです。

かなり腫れていますね。

ご飯は食べづらそうではないですか?

icon-A
icon-Q

言われてみれば、最近食べるのに時間がかかっているかもしれません。

ちょっと口の中を見させてもらいますね。

・・・結構 歯に歯石がついてますね。

icon-A
icon-Q

すいません。

しないとダメとは思っているんですが、あまり歯磨きしていなくて・・・

爪で取ってみようとしたんですけど。

それと何か関係あるんですか?

歯磨きを嫌がってしまう子も多いですからね。
ちなみに、嫌がるのを無理に歯石は取らない方がいいですよ!

歯の一番外側のエナメル質という重要な部分が剥げてしまい、トラブルにつながります!

今見てみると、右側の犬歯と臼歯(奥歯)が特に歯石がついていて、少しですがグラグラしています。

おそらく、根尖膿瘍(こんせんのうよう)といって、歯の根元に炎症が起きてしまって、そこに膿が溜まっているんじゃないかと思います。

それで、眼の下が腫れてきているのだと思います。

icon-A
icon-Q

そんなことがあるんですね。

もともと歯は歯槽骨(しそうこつ)といって、アゴの骨に刺さっている状態なっています。

それが、歯石が付いてくると、歯肉炎を起こしてきます。

さらに歯石が付いてくると歯肉(歯茎)が縮んできます。

そうすると、歯槽骨が徐々に溶けてきてしまい、炎症が歯根部に広がって、膿が溜まるようになるんです。

icon-A
icon-Q

先生、治るんでしょうか?

腫れに関しては、抗生剤や消炎剤でよくなる場合がほとんどです。

ただ、グラつきがある歯は、早い段階で抜歯したほうがいいと思います。

icon-A
icon-Q

歯を抜くんですか?

抜いた後、ちゃんとご飯を食べれるか心配なのですが・・・

はい。歯を抜いてしまっても、ご飯はしっかり食べれます。

むしろそのままにしておくと、歯槽骨が溶けるのが進んでしまい、顎の骨が折れてしまう可能性もあります。

そうなってしまうと、治療は困難になってしまい、食事がとれなくなってしまいます。

icon-A
icon-Q

先生! すぐに抜いてください!!

そうですね。

歯科処置には全身麻酔が必要になります。

なので、まずは安全に麻酔がかけられるか、レントゲン検査、血液検査をして、日程を調整しましょう。

icon-A
icon-Q

はい。 お願いします。

根尖膿瘍(こんせんのうよう)について

ご理解いただけましたでしょうか。

獣医師 副院長
池谷 大輔

池谷が回答いたしました。

根尖膿瘍は、犬も猫もなる可能性のある病気です。
日ごろから歯のケアをするのが、一番の予防になります。
しかし、嫌がる子も多いので、定期的に歯石を取るなどの処置が必要になる場合が多いです。
一度ご相談していただいて、どのようにケアしていくのが良いか決めていきましょう。

一覧に戻る