診療設備・検査機器の紹介。手術質やCT、エコーなど院内の診療設備の一部を紹介しています。

0977-25-5556 電話受付 平日/土曜/祝日

診療設備・機器紹介

Medical treatment facilities, apparatus introduction

「 弊院1箇所で、動物の生涯を、全てを診たい 」

旧院営業中は、特殊な検査や手術が必要なとき、やむなく飼い主さんと患者さんに
遠路県外へご足労をいただくことがあり、申し訳なく、不甲斐ない気持ちに苛まれた経験から、
現在の病院では積極的に診療機器を導入しています。弊院はまだまだ発展途上で
すべて整ってはいませんが、飼い主さんと患者さんのお役に立てるよう、
今後も積極的に診療機器を導入して参ります。

電子カルテシステム

movie copyright WACOM all right reserved.

すべての診療情報の瞬間共有で、すべてのスタッフが一斉に動き出す

弊院では電子カルテシステムを使った診療情報の記録・蓄積・共有を行っています。

電子カルテに紐付けられる情報は、診察時の記録や、動物看護師による看護記録はもちろん、
検査機器と電子カルテシステムとの統合・連携により、
その検査結果(CTの3DグラフィックスやX線画像、血液検査値)も電子カルテへと紐付けされます。

院内の全デバイスで、見たい情報を、瞬時に確認し、すべてのスタッフが一斉かつ迅速に、
正確な診療行動を起こせるよう務めています。

手術室

image - 手術室

閉ざされた空間だからこそ、術中の透明性を高めたい

去勢・避妊手術から、難易度の高い腫瘍の除去手術も可能な設備・機器を整えています。

弊院ではガラスのパーティションで手術室の外からでも中の様子が見える工夫と
手術過程を動画で記録し、飼い主さんにもご確認いただける設備を整え、
可能な限り術中の透明性を図っています。

無影燈に取り付けられた動画撮影カメラ
動画はモニタリングと同時に録画される
録画再生用AV機器

手術中の患者さんを、1階X線室へ動かすリスクを無くしました

2016年 可動式X線撮影装置"Cアーム"導入

これまで、椎間板ヘルニアや骨折の手術時など、患部の位置や処置状況を確認するため、
必要に応じ2階手術室から、1階のX線室へ患者さんを移動させていましたが、
今回のCアーム導入で、その必要が無くなりました。

可動式アームで多方向からのリアルタイム透視と撮影が可能で、
患部の位置や処置確認をピンポイントで行うことが出来ます。

患者さんを術台に載せたまま、動かさず安全に検査を行うことが出来るので、
手術時間・麻酔時間も短縮され、患者さんの負担軽減を実現しました。

image - Cアーム

CT室

image - CT室

見えなかったものを、手に取るように見る

ヒトの健康診断などで用いられるCTを導入しています。

レントゲンでは見ることが出来なかったものを、驚くほどの高解像度で、
手に取るように見ることが出来、今、動物に何が起こっているのかを鋭く解明します。

エコー(超音波)室

image - エコー(超音波)室

痛みを感じさせない体内状況の把握

超音波のチカラで腹部や心臓の病気を検査する装置です。

痛みを感じさせずに下痢や嘔吐、頻尿、血尿、心臓の雑音、妊娠診断など様々な
検査を行うことが出来ます。天井からの酸素供給設備も整え、緊急時の検査も可能にしています。

X線室

ICU

検査室

診察室

処置室

image - 処置室